恒例

新年会

2010.1.22

シェフも蕎麦屋の親父も其の連れの酒飲みもくたびれてきましたが、
なんとか実行できました。

まずは、あけましておめでとうございます。

本日のメニュー

フランスパンのカナッペ

ピザソース+トマト+モッツァレッラチーズ

きゅうり+スモークサーモン+タマネギ

カマンベールチーズ+ピクルス+生ハム

ローストビーフ 1.8kg

塩胡椒して表面をフライパンで焼き、220度のオーブンで20分。

手前の固まりは 1/3 だけ切り分け中心部が60度になるまで220度でさらに20分。

なんせ血の滴るのがいいというのと中まで焼けていないといやだという我が侭がいて、シェフが苦労するところです。g600円なのでこの肉のかたまりだけで1万円だぞ!!

サラダ

冷凍ミックスベジタブルをお湯で解凍してホタテ貝柱の微塵切りとマヨネーズで合わせ、

ロースハムで巻き、サラダ菜と湯がいたブロコリーを添えました。

マヨネーズがいやだとかトウモロコシがいやだとか我が侭を言う奴が、いましたが無視。

刺身盛り合わせ

鯛、いなだ、サーモン、鰺のたたき

この鰺のたたきには、涙の物語があって...(下記)

ホーチミン風キノコ鍋

鶏ガラと手羽、しょうが、長ネギから3時間かけてスープをとり、濾過したあと
キノコを加え60度〜70度に保って1時間。

あとは、食卓で、豚肉スライス、取り腿ぶつ切り、竹串に刺したエビ、豆腐、残りのキノコを入れて、ポン酢にヌクマムを加え、小ネギの微塵切りでいただきます。
本場とちがって生の赤い唐辛子がないので、一味または七味唐辛子でいただきます。

細谷蕎麦

蕎麦の頃は例に寄ってできあがっちゃっているので、また写真がない。
代りに赤ら顔の蕎麦屋のオヤジで我慢してね。

いやだ!という人は来年しらふのカメラマンになってくれ。

デザートにケーキがあったらしい。 覚えていない。

鰺のたたきを作れるといった某大学院学生が、ぶつぶついいながら鰺をさばいている写真が
左です。3枚おろしというか、結果は7、8枚おろしというか鰺の細切れですな(右の写真の右側の鰺)。
シェフが3枚におろした鰺を右の写真の左側に示しています。

学生の言い分:『鰺の大きさがちがう』『実はなめろうの方を作るのが得意なのだ』
『スプーンが必要なのだ』

こうやって、サラダとカナッペを作成する学生もいるかと思えば、

俺が鰺をさばいたと威張って後は何もしない学生もいたりして...

盛り上がって今年も無事新年会は終了したのであります。

参加者の感想

ローストビーフがあんなに美味しいと思ったのは初めてで
ガツガツ食べてしまいました。(〃∀〃;)
お刺し身も美味しかったし、鍋の鶏肉も最高でした♪
細谷先生の噂のお蕎麦も噂に違わず、美味しかったです。
…絶対に太った金曜日でした。(〃∀〃;)

というわけで、参加者13名、1人3000円の会費で飲み放題、食い放題でございました。